海外旅行前に知っておきたい! 世界各国の“支払い”事情

 2023年5月5日、WHO(世界保健機関)が新型コロナウイルスに関する「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」の終了を発表したことを受け、多くの国で出入国に関する制限がなくなり、海外旅行がしやすくなっている。

 日本でも、5月8日から帰国時の新型コロナウイルスワクチン接種証明書の提示、旅行先でのPCR検査の陰性証明書の取得が不要となり、コロナ禍以前と同じように海外旅行ができるようになった。

 夏休みを利用して、さっそく海外に行こうと考えている人もいるのではないだろうか。しかし、多くの人にとって3年以上ぶりの海外旅行。変化している部分も多いことだろう。特に決済方法は、日本国内も含めて変化が著しい。そこで、これまで120カ国以上を旅してきたトラベルジャーナリストの橋賀秀紀さんに、各国の支払い事情について聞いた。
※記事内の情報は2023年7月現在のものです。

海外旅行の支払いのキホンは「クレジットカード」

「国によって決済の状況は異なりますが、大前提としていえるのは、オールマイティな決済手段はクレジットカードだということ。大体のシーンで使えます。ただし、日本と同じように、クレジットカードが使えない店舗や施設もあるので、現金をはじめとしたほかの選択肢も用意しておくと、スムーズに旅行を楽しめるでしょう」(橋賀さん・以下同)

 海外でクレジットカードを使うことを想定した場合、どのブランドでも問題ないのだろうか。

「クレジットカードは、ブランドによって為替レートが異なります。VISAやマスターカードはレートがいいので、海外で使うメリットが大きいといえます。レートが少し違うだけで、日本円になったときの金額が大きく変わるからです」

 海外で現金が必要になった際に、海外のATMで現金を引き出す海外キャッシングを利用する人もいるだろう。このときに便利なカードもあるという。

「海外キャッシングを利用する際、下ろす額が5000円相当でも10万円相当でも、一律のATM手数料が発生します。つまり、少額だと損なのです。ただ、クレジットカードをメインの決済手段にするから、現金はわずかでいいというケースもありますよね。私が使っているセディナカードはATM手数料が発生しないので、少額を下ろすときに重宝します。ほかにも、ATM手数料が発生しないうえにレートもいいアコムACマスターカードがありますが、こちらは繰り上げ返済をしないと金利が高くなりやすいので、マメに返済できる人に向いているでしょう」

 紹介してもらった2つのカードは、どちらも海外キャッシングの際のATM手数料無料というメリットがあるが、国内で使う分には特に大きなメリットはないそう。「頻繁に海外旅行に行って、海外キャッシングをする人にはおすすめ」とのこと。

アジア、アメリカ、ヨーロッパ…国&地域別“支払い事情”

 ここからは、海外旅行先として人気の国やエリアの支払い事情について、聞いていこう。

●韓国
「韓国ではスマートフォン決済アプリ『カカオペイ』がメジャーですが、韓国の携帯電話や銀行口座がないと使えません。ただ、2023年4月に『PayPay』が『カカオペイ』と提携したので、近いうちに韓国で『PayPay』が使えるようになるかもしれないのです。それまではクレジットカードと現金が、決済手段のメインとなるでしょう」

 韓国では、日本の「Suica」「PASMO」のような交通系ICカードも存在するそう。

「外国人旅行者向けの交通系ICカード『WOWPASS』があり、空港や駅などで日本円または韓国ウォンでチャージできます。これがあれば公共交通機関に乗れるので、『現金が足りなくて切符が買えない』という事態を避けられます。現金でないとチャージできないという難点はありますが、コンビニなどでも利用できるので、1枚持っておくと便利です」

●台湾
「台湾も基本的にクレジットカードと現金がメインとなりますが、実は『LINE Pay』が使えます。クレジットカードと紐付けるという条件はありますが、日本で使っている決済手段をそのまま使えるのは便利です」

 韓国と同様に、台湾にも交通系ICカードがあるとのこと。

「『悠遊カード(Easy Card)』という交通系ICカードがあり、日本の『Suica』『PASMO』などと同様に公共交通機関の乗降時やコンビニでの支払いなどで利用できます。チャージは現金(台湾ドル)のみですが、空港や駅、コンビニなどで手に入りますし、有効期限もないので、使い勝手がいいと思います」

●アメリカ(ハワイ)
「アメリカは基本的にクレジットカード社会なので(…続きを読む)。