最新裏ワザも!「夏旅コスパ」を上げる3つのコツ

 長期休暇が取りやすい夏は、家族そろってレジャーや旅行を楽しむ絶好のチャンス!? 物価高の今年だってコツをつかめば、コストを抑えて旅行を楽しめると、節約アドバイザーの和田由貴さんは語る。

旅費を節約して満足できる旅

「旅行日程を決めたら、とにかく早めに予約をするのが第一の鉄則。割引のサービスは“早割”が非常に多いからです。最低1か月前から準備しましょう」

 例えば楽天トラベルなら0と5のつく日に高級宿を予約すると、最大20%オフできるクーポンがあったり、早めに予約をすると楽天ポイントが倍増するキャンペーンもある。

 コロナ禍に人気だった「全国旅行支援」のほとんどは6月末で終了した。しかし、自治体によっては、個人旅行は7月20日前後まで、団体旅行は9月30日まで延長されている。夏休みに利用するなら、パッケージツアーがお得かも。

「さらに延長されている可能性もあります。直前にならないと更新されない場合もあるのでサイトをチェックして、最新情報を入手したいですね」(和田さん、以下同)

 全国の都道府県の情報をまとめて調べるには、各旅行会社の「全国旅行支援」の特設サイトなどが便利。全国旅行支援は終了していても、自治体の独自の旅行支援キャンペーンをスタートさせているケースもある。

 交通機関にJRをよく利用するシニア世代は、JR6社のサービス「ジパング倶楽部」の活用を。

 女性は60歳から会員になれて、年会費3840円を払うと、201km以上のJRの運賃や料金が20~30%引きになる。年会費はかかるものの、1回の旅行で十分、元が取れると和田さんはオススメする。

「条件がいいツアーはすぐに満席になるので、情報が更新されるサイトを頻繁にチェックして、すぐに予約を入れるようにしましょう」

夏旅コスパを上げる3つのポイント

時間や場所、行動をずらすだけでお得に

 平日に旅行をするなら、JR東海ツアーズの「ずらし旅」で。混雑や密集を避けて日時や場所、行動などをずらすことで旅行に体験クーポンがつき、1人旅や家族旅行に活用できる。

 東海道新幹線と宿泊のセットと、日帰り旅行の2パターンがある。ずらし旅を取り扱う旅行会社も多い。ただし、夏はお盆期間(8月9日~19日)など一部、除外日がある。

ふるさと納税の宿泊券は夏に使うとコスパよし

「ふるさと納税」を行うと、宿泊券やレジャー券などが返礼品でもらえる自治体がある。旅行先を決めて納税するのがおすすめ。宿泊料金は変動するため、夏休みの宿泊料が高い時期に活用できればコスパもよい(繁忙期は使えない場合あり)。

 例えば、山梨県富士河口湖町では、寄付金額10万円に対して、返礼品で宿泊ギフト券3万円分が(…続きを読む)。