夏休みの旅行、コロナ禍前の水準にほぼ回復 かける費用や人気の行き先は?

 JTB(東京都品川区)は、夏の旅行動向に関する調査結果を発表した。夏休み期間(7月15日~8月31日)に国内旅行を予定している人は推計で7250万人。前年比116.9%で、2019年比で見ると100.1%となりコロナ禍前と同水準まで回復した。

 旅行動向見通しは、アンケートや経済指標、業界動向、航空会社やJTBグループの予約状況などから推計している。

 今年の夏休みの旅行について、「行く」「たぶん行く」と回答した人は36.5%と、前年から0.4ポイント増加した。19年調査時では38.0%だったことから、コロナ禍前の水準に近づいていることがうかがえる。

 性年代別でみると、男女とも若い年代ほど旅行意向が高い傾向にあるものの、29歳以下では男性(50.9%)が前年比2.8ポイント、女性(47.5%)は同3.1ポイント減少した。60代では男性(35.0%)が同2.3ポイント、女性(27.3%)が同3.7ポイント増、70代は男性(29.7%)が同2.0ポイント、女性(25.1%)が同2.8ポイント増と、シニア層の意向が前年に比べて高くなった。

 一方、旅行に行かない理由は「夏休み期間は混雑するから」(30.1%)が最も多く、「家でのんびりしたいので」(26.9%)、「家計に余裕がないので」(25.6%)と続いた。「新型コロナウイルス感染症がまだ心配だから」(12.1%)は、前年から12.7ポイント減少した。

 夏休みの旅行に対する考え方は「昨年の夏より旅行日数を増やす」(22.0%)が、「昨年の夏より旅行日数を減らす」(3.7%)を大きく上回る結果に。また、「お盆時期をずらして長期休暇を取得して旅行する」が12.8%と、混雑や旅費の高騰などを避ける動きも見てとれた。

国内旅行の目的や旅先は?
 国内旅行の目的では「自然や風景を楽しむ」(8.5%)、「食事、地域の味覚を味わう」(7.2%)、「名所や史跡などを見て回る」(5.2%)などが増加した。コロナ禍と比較して、風景や名所、名物などを楽しむ需要が戻りつつあることがうかがえる。旅行日数は、「2泊」(36.2%)が前年から3.1ポイント増加し、最も多くなった。

 旅行の同行者は「夫婦のみ」(24.3%)が最多となった。コロナ禍では増加傾向にあった「一人」(17.0%)は減少した一方、「家族と友人・知人」(6.3%)、「友人・知人・パートナー」(14.5%)、「団体」(1.0%)はいずれも増加するなど、昨年に続き同行者の対象が拡大する傾向が見られた。

 旅行先では、「関東」(18.3%)、「北海道」(12.5%)、「近畿」(12.3%)が上位を占めた。選んだ理由は「行きたい場所があるので」(32.0%)がトップ。また、居住地別に旅行先をみると、旅行先と居住地が同じ地方である域内旅行の割合は、九州地方以外の全ての地域で前年より(…続きを読む)。