23年夏休みの旅行動向 海外は台湾、国内は近畿が人気(阪急交通社)

 阪急交通社(酒井淳社長)はこのほど、2023年夏休み(7月15日~8月31日出発)の海外旅行・国内旅行の予約状況をまとめた。調査によると、海外旅行の人気旅行先ランキングは1位が台湾、2位がヨーロッパ、3位が韓国となった。

 出発日のピークは1位が8月16日(水)、2位が7月27日(木)、3位が8月23日(水)。

 海外旅行は検査証明書の提示などが不要となり、4年ぶりに渡航制限が解除された。近距離で旅行日数が短い台湾や韓国、グアム・サイパンが人気を集めた。このほか、外国船による日本発着クルーズは、19年比2・2倍になるなど、コロナ前を上回る予約数となっている。旅行日数の長いヨーロッパもリピーターから選ばれており、なかでもスイスが1位となった。

 国内旅行では、1位が近畿、2位が北陸・甲信越、3位が東北となった。

 出発日のピークは、1位が7月23日(日)、2位が8月3日(木)、3位が8月5日(土)。

 4年ぶりに開催される花火大会や夏まつりもあり、コロナ前と比較して夏まつりが1・2倍、花火大会が1・7倍の予約数となっている。また、「飛鳥Ⅱ」や「にっぽん丸」など、邦船による国内クルーズも、夏まつりや花火開催の地を巡る内容となっており、コロナ前の1・4倍と好調に推移している。

 また、人気旅行先で1位となった近畿は、日帰りバスツアーが牽引した。2位の北陸・甲信越では、長野県・長岡の花火大会を観賞するツアーや、高原リゾートで過ごすツアーなど、夏の季節感や自然をテーマとした旅が(…続きを読む)。