新人研修が“18きっぷで一人旅” 若者はどんな旅をする? 山陰パナソニック

 ゴールデンウィークも過ぎ、今年4月に入社した新入社員も学生気分はすっかり抜け、会社に慣れてきたことだろう。他方、企業は新入社員にいち早く戦力になってもらうべく、さまざまな研修を実施している。

 新入社員に研修を受けさせる企業は珍しくないが、島根県出雲市に本社を構える山陰パナソニックは、昨年から鉄道旅行の定番アイテム「青春18きっぷ」を使って全国各地を旅するユニークな研修を取り入れた。どうして、こんな研修を始めたのか? 山陰パナソニック 人財戦略部の船井亜由美さん、そして実際に18きっぷの旅で旅してきた新入社員2人に話を聞いた。

ルールは「1日10人以上の見知らぬ人に話しかける」

――山陰パナソニックは2022年から18きっぷの旅という新たなスタイルの新入社員研修を取り入れました。この経緯からお伺いしたいと思います。

船井氏:現社長の渡部幸太郎は2018年に社長に就任し、現在5年目です。採用面接時に、「内定から入社までに半年間ありますが、何を学んでおいたらいいですか?」と質問を受けることがよくありました。就職すると長い休暇は取りづらくなります。だから「学生のうちに各地を旅して、見識を広めたり経験を積むことが今後の社会人生活に役に立つ」と答えていたんです。

その頃から、内定者に対して18きっぷで旅をする研修を実施してみたらどうだろうというアイデアは出ていたようです。しかし、内定した学生はまだ弊社の社員ではありません。そのため、事故や事件に巻き込まれた場合に会社として責任が取れません。そこで、入社してから研修という形で実施してみようとなったのです。

――渡部社長は、「旅で得られることがある」と考えていたわけですが、鉄道の旅もしくは18きっぷの旅と限定していたわけではないですよね?

船井氏:旅というこだわりはあったようですが、18きっぷに限定した旅ではなかったようです。18きっぷは1人で鉄道を5日間使用できますが、5人が一緒に1日鉄道を利用するという使い方もできます。当初は、5人1組で1日旅をするという研修案もありましたが、複数人で行くよりも、私も青春18きっぷで一人旅をした経験から、その方が見識を広げたり経験を積めるので一人で5日間の旅をする研修で企画を出しました。

ただ、18きっぷで旅をするだけでは研修になりませんので、「毎日、18きっぷを利用して鉄道で移動すること」「1日10人以上の見知らぬ人に話しかけること」「予算は宿泊費・食費・私鉄やバスの交通費、ほかにもコインロッカーといった経費は1日1万円支給」というルールも(…続きを読む)。