Trip.com、好調な国内旅行予約で黒字転換、海外旅行は2019年比4割 ―2023年第1四半期

 世界大手OTAトリップ・ドットコム・グループ(Trip.com)は、2023年度第1四半期(2023年1月~3月)の営業実績を発表した。国内市場は引き続き好調。ホテル予約は前年同期比100%以上増加し、特に都市部のホテル予約は2019年同期比でも150%増となった。一方、海外のホテル予約および航空券予約は2019年同期の40%にとどまった。

 同社のジェーン・スンCEOは「第1四半期の業績は、旅行産業が今後、長期的に成長していく見通しを示すもの」とコメントしている。

 第1四半期の売上高は前年同期比124%増の92億人民元(約1840億円)となり、2022年第4四半期比では83%の増加となった。

 部門別を見ると、宿泊予約は同140%増の35億人民元(約700億円)。交通チケットは同150%増の42億人民元(約840億円)。パッケージツアーは同211%増の3億8600万人民元(約77.2億円)。法人旅行が同100%増の4億4500万人民元(約89億円)。

 全体的に経費は前年同期から増加したものの、最終的に前年同期の(…続きを読む)。