旅のプロが教える「全国旅行支援」ファイナル活用術!!

 コロナ禍の観光需要喚起策として始まり、多くの人に活用された全国旅行支援。実はまだまだ使える地域もあるんです! そこで、旅のプロたちの英知を結集した、最高のトク旅プランを教えちゃいます!!

※5月23日時点の情報です。また、キャンペーンは終了している場合がございます。最新の情報は各種公式サイトなどで確認ください。

* * *

■予算が残っている自治体、会社を探す

 コロナ禍の観光需要喚起策として始まった「全国旅行支援」。現在ではコロナも落ち着き、話題になることも少なくなったが、実はまだ使えることをご存じだろうか!

 航空・旅行アナリストの鳥海高太朗氏はこう語る。

「現在、全国旅行支援は、都道府県ごとに国から分配された予算が尽きるか、それぞれが定めた期間を過ぎたら終了という形を取っています。そのため、予算と期間が残っている一部地域ではまだ利用できるんです」

 続けて、旅行・旅館コンサルタントのタイガ氏は6月が全国旅行支援をお得に活用する狙い目の時期だと説明する。

「予算が残っている中でも、6月30日を期限としている都道府県は多く、7月まで期限を設けている都道府県でも、期限を待たずに予算が尽きる可能性はあります。

 香川県のように、地域によっては全国旅行支援の後続キャンペーンがあるようですが、おトク度は減っていますね。予算の規模から考えても、全国旅行支援ほどのキャンペーンが今後出てくる可能性は少ないでしょう。

 トク旅をしたいのであれば6月に滑り込むべきかと。6月はゴールデンウイークと7月の夏シーズンの合間で、宿代や飛行機代が落ち着いている点からも狙い目だといえます」

 一方で、全国旅行支援を活用する上では、以前と異なる注意点もあるとタイガ氏は続ける。

「旅行会社によって、残りの予算が異なることには注意が必要です。例えば、JTBでは○○県の全国旅行支援が終了しているけど、HISはまだ残っている、みたいなこともあります。『旅行クーポンサイト』のように、情報をまとめているサイトも活用して、複数の旅行会社の情報を確認しましょう。

 それ以外にも、宿泊施設への直接予約や、地元の小さな旅行会社にも予算が残っている可能性はあるので、どうしても全国旅行支援を利用したい人は、根気強く各店舗に連絡していく必要があります。

 また、全国旅行支援に対応している、JALやANAの航空券付き旅行プランには、特に注意が必要です。現在、需要の増加によりJALやANAの飛行機代は高くなっています。結果的に、全国旅行支援を使わなくてもLCC+ビジネスホテルを個別に予約したほうが安く(…続きを読む)。