旅行や食事、美術館…「シニア割引」はこんなに充実! 使いこなしてお得に楽しむ

 ウィズコロナが定着しつつある。マスクをしている人、していない人、それぞれだが、観光地やショッピングセンター、レジャー施設などに人が戻ってきた。シニア層も動き始めている。せっかくなら“お得”に満喫したい。

 ◇   ◇   ◇

 81歳の女性は今月上旬に6回目のコロナワクチンを打った。

「5月下旬に2泊3日で東北を旅行しますので、ワクチンもしっかり打ちました。お友だち3人と温泉に泊まります。平日ですが、連泊となるとなかなか宿を押さえられませんでした。3人で旅行にいくのは4年ぶりぐらい。みんな80代。とても楽しみね」

■50歳以上の限定プラン

 旅行サイト「じゃらん」には「50歳からのじゃらん」がある。「7999円以下! 50歳以上限定プラン」は、宿泊代表者が50歳以上だったら同伴者が50歳未満でもOK。NYタイムズの「今年行くべき世界の旅行先」で2位にランクインした盛岡市のプランを探すと、2人で7600円~(朝食付き)が見つかった。週末でも1万円程度だ。こうしたお得プランを利用しない手はない。

 海外旅行に強いHISもシニア割がある。サイトをのぞくと、いまはグアム方面でシニア割の対象ツアーがあるようで60歳以上だと旅行代金が5000円引きだ。

 航空ではANAやJALがシニア割引を実施している。当日予約に限るが、ANAの場合は65歳以上でマイレージクラブカードかANAカード会員であればスマートシニア空割が適用となる。通常期の運賃(タイプD=最安)は東京-札幌で3万9200円(5月中の搭乗分)だが、シニア空割は1万7600円とかなり割安。

 JR各社やタクシーなどもシニア割引を実施しているところはたくさんあるので旅行の際はチェックしたい。

映画は50代からシニア料金も

 神奈川県に住む58歳と57歳の夫婦はゴールデンウイーク明けあたりから、2人そろって外出することが多くなった。

 先週も映画「銀河鉄道の父」を見たという。

「60歳を越えるとさまざまなシニア割引があるようですが、50代後半だとサービスは限られます。でも、イオンシネマは55歳以上でシニア割引が受けられます。曜日などに関係なく1100円で見られるのはうれしい。2人で出かけることが増えま(…続きを読む)。