台湾旅行で使える基礎知識 夜市ではぜひ「ホージャ」と言ってみて

 5月15日、熊本と台北を結ぶチャイナエアラインのチャーター便の第2弾が運航した。この飛行機に乗って、テレビ熊本・仲野香穂アナウンサーが台湾で取材。「台湾旅行の基礎知識」を紹介する。

熊本空港がリニューアル チャーター便で台湾へ

 出発地の熊本空港新旅客ターミナルビルは、2023年3月にリニューアルした。

仲野香穂アナウンサー:
 海外旅行で気になるWi-Fi。熊本空港では無人レンタルが始まっています。

 熊本空港1階の国際線チェックインカウンター前に、「グローバルWiFi」の無人貸出機が設置されている。事前に電話やインターネットで予約した際のQRコードをかざすとロッカーが開き、Wi-Fiルーターを受け取れる。実際に試すと、並ぶことなく30秒ほどで受け取れた。

年間を通じて温暖…台北ってどんな街?

 旅の準備を終えたら、チャイナエアラインのチャーター便で台北の桃園国際空港に向かう。

仲野香穂アナウンサー:
 約2時間のフライトを経て台湾に到着しました。気温は28度ということで、蒸し暑く感じます。

日本の南西にある台湾は亜熱帯気候で、年間を通じて温暖な気候だ。台北市は通勤のバイクが多く、気温以上に暑く感じ田。(…続きを読む)。