旅ともプラスとは

コロナを終えたら旅に出よう!

 コロナ禍を経て、人はまた世界中を旅するようになりました。これからもっと旅に行きたい!という人も多いでしょう。

 しかし実際旅に行こうと思っても、なかなかなうまくいかない、ということはありませんか? コロナ禍の入国制限が撤廃された今、ネックになるのは費用や休暇の取得。そしてもっとも問題なのは「旅の同伴者」ではありませんか?

 どんなに親しい友人であっても、行きたい旅先が一致するとは限りませんし、休みを合わせるのも大変です。旅に掛ける金銭感覚も違えば旅先で求めることの優先順位(観光・食事・アクティビティ…etc)も違います。すべてがピッタリ合う仲間がいるのであれば問題ありませんが、そうではない場合、どうして一人旅を余儀なくされてしまいます。

 もちろん一人旅には大きな魅力があります。予算も休みも自分次第。自分の行きたい場所に行き、気分次第でいくらでもスケジュールを変更できる一人旅こそ旅の王道だ! という人も少なくないでしょう。

一人旅には様々な気苦労も

 しかし一人旅にもいくつかのデメリットがあります。

  • 旅の思い出を誰とも共有できない。
  • 観光地でのツアーや食事、アクティビティなど一人では利用・参加しにくいケースが多い。
  • 移動中の荷物の管理やトイレ休憩など、常に気を張っていないといけない。

 などは一人旅に慣れた人であってもなかなか克服できない問題ではないでしょうか。

 そこで今注目されているのが「旅とも」です。

 あらかじめ旅に行くことを前提とした友だちを作ればこうした悩みが解消されます。興味のある行き先が一致していれば、プランを練るのも打ち解けるのも早く、スムーズに進みます。

 たとえば、アウトドア好きな人々と一緒に山登りやキャンプ旅行を計画することもできますし、美術や歴史に興味を持つ人々と一緒に美術館や歴史的な場所を訪れることもできます。共通の関心事を共有する仲間と旅行することは、より充実した経験を得ることができるでしょう。

 また旅行の費用をシェアすることで予算を節約することができます。ルームシェアやレンタカーの利用など、一人ではできない手段を講じられるのも旅ともと旅を共にする大きなメリットです。

 そして旅とものもっとも大きなメリットは「旅の道中の友だちは、私生活に影響を与えにくい」という点です。

 たとえば職場や学校の友人と一緒に旅行する場合、集合から解散までほぼ全行程一緒、ということになりがちです。これでは互いに気を遣い過ぎて、せっかくの旅行なのに気疲れするばかりで全然楽しめなかった、ということはありませんか?

旅ともだからこそ旅行を最大限に楽しめる!

 しかし旅ともならばあらかじめ「旅を最大限に楽しむこと」を前提にしているため、そうした不安はかなりの部分解消できます。

 たとえば外国であっても現地集合現地解散といったこともできますし、食事だけ、現地ツアーだけ、といった付き合い方も可能です。

 もちろん見知らぬ人との出会いには不安や危険もありますが、そこをキチンと見極められていればこれほど快適な人付き合いはありません。極端に言えば、気が合わなければその時点で解散してもあと腐れもありません。ドライな人間関係と言えばそれまでですが、あまりに濃厚な人間関係にはない「気安さ」もあるはずです。

 身近に同じ趣味を持つ人がいない、職場以外に付き合える人間がいない、と「旅に行けない理由」を探すのはもうやめましょう。

 若くても、高齢であっても必ず気の合う「旅とも」は世界中にいます。

さぁ、さっそく最高の旅を楽しめる「旅とも」を探しましょう!
投稿する